外壁塗装/屋根塗装
  • TOP
  • 外壁塗装/屋根塗装

外壁塗装/屋根塗装PAINTING

この会社に頼んで良かったと言ってもらえるのには
理由があります。
Types and Prices

塗料の種類と価格について

  • 外壁塗装 人気No.1
    種類
    シリコン
    耐用年数
    14~16年

    コスパを重視される方に
    エスケー化研:エスケープレミアムシリコン
    塗装工事のスタンダードと言える塗料です。フッ素ほど高くなく、シリコン以上の耐久性があるため多くの塗装業者が提案しています。

  • 外壁塗装 人気No.2
    種類
    シリコン
    耐用年数
    15~18年

    より長持ちする塗料をお求めの方に
    アステックペイント:超汚染リファイン1000Si-IR
    近年シェアを伸ばしている塗料メーカーです。超低汚染性能で、雨の力だけで汚れを落とす機能があります。シリコンに遮熱性能がプラスされた高機能塗料です。

  • 外壁塗装 人気No.3
    種類
    断熱
    耐用年数
    15年

    室内の暑さや寒さ対策、騒音が気になる方に
    日進産業:ガイナ
    特殊セラミックビーズの含有率の高さから、他の断熱塗料よりも夏の暑さや冬の寒さ、さらには騒音対策にも高い効果を得られることが期待できます。

  • 屋根塗装 人気No.1
    種類
    シリコン
    耐用年数
    6~8年

    見た目も性能も重視する方に
    エスケー化研:ヤネフレッシュSi
    NAD型特殊シリコン樹脂により、高光沢、超耐久性塗膜を形成します。見た目の良さや防雨を気にされる方にオススメです。

  • 屋根塗装 人気No.2
    種類
    シリコン
    耐用年数
    15年

    美観を長く保ちたい方に
    アステックペイント:スーパーシャネツサーモSi
    特殊無機顔料の使用により高い遮熱性があり、色あせしにくく、美観を長期間保持します。屋根塗料の中では珍しく、黒など濃い色を選択できるのも特徴です。

  • 屋根塗装 人気No.3
    種類
    フッ素
    耐用年数
    15~20年

    最高クラスの塗料をお求めの方に
    AGCコーテック:ルミステージ 弱溶剤GT
    AGCが世界で初めて商品化した溶剤可溶型フッ素樹脂です。フッ素の「耐候性」で屋根を保護し、防食だけでなく長期にわたり美観を維持しています。

Market Price of Painting

建坪による外壁塗装の相場価格

こちらはご自宅がどれくらいの費用で塗装できるのか目安を知るためのものであり、正式な見積書とは異なります。
外壁の面積がわからない場合に、建坪から相場価格の概算を知るための目安としてご利用ください。
※屋根塗装や工事全体の価格表はページ下部をご覧ください。

建坪 ウレタン塗料 シリコン塗料 断熱塗料 フッ素塗料
30坪 55~85万円 60~90万円 70~110万円 70~110万円
35坪 60~90万円 65~95万円 75~115万円 75~115万円
40坪 65~95万円 70~100万円 80~120万円 80~120万円
45坪 70~100万円 75~105万円 85~125万円 85~125万円
50坪 75~105万円 80~110万円 90~130万円 90~130万円

ウレタン塗料

  • 比較的安価で、汚れや色褪せにも強いものの耐候性はシリコンと比べるとやや劣ります。(弱溶剤塗料を除く)
  • 下地との密着性や柔軟性に優れています。
  • 価格と機能のバランスが良く、以前は塗替えに使用されることが多かった塗料です。

シリコン塗料

  • 耐候性に優れています。
  • 汚れ、色褪せ、カビ、藻などに対する機能のついた塗料が増えてきています。
  • 価格と機能のバランスが良く、現在は一般住宅の塗装で一番多く使われています。

フッソ塗料

  • 熱や紫外線で劣化しにくい成分を多く含むので、耐候性が非常に高いです。
  • 塗料メーカーによりフッソの純度が大きく違い、同じフッソでも3Fと4Fなど種類があります。
  • 塗り替えが少なくて済むので、塗替周期を長くできます。
  • コストはかかるが耐用年数が長いので、長期的なコストパフォーマンスを考える人に向いています。

断熱塗料

  • 遮熱塗料が太陽光を反射して熱の発生を抑えるのに対して、断熱塗料は室内外の熱の移動を抑えます。
  • 夏は室外の熱を遮断するので、室内を涼しく保てます。
  • 冬は外に熱を逃がさないため、暖かい状態が保てます。

坪数は自宅の図面を見ればすぐに分かります。
そのため、坪数から塗装価格がわかると便利なのですが、坪単価の表記には注意すべきポイントもあります。

それは、外壁塗装で見積りを出すためには、塗る面積が何㎡あるかを計算して、塗料がどれだけ必要なのかを計算する必要があるということです。

坪単価の見積り計算では、この外壁の塗装面積を計算していません。

1坪で塗料がどれくらい必要かを計算することはできますが、同じ坪数でも、建物の形状や扉や窓などの開口部の有無でも塗装面積は変わります。

ですから、坪数で正確な見積りを出すことはできませんので、あくまで目安としてご利用ください。

下記の価格表が一般的な1平米あたりの塗装単価です。
外壁の面積に単価を乗じたものが、外壁の塗装価格となります。
この塗装価格に雨樋、軒裏、破風板などの塗装、足場費用、諸経費などを合計したものが、外壁塗装の見積金額となります。

※ 外壁面積は概ね150平米以上を前提としています。

塗料 1平米当たりの塗装単価 期待耐用年数
ウレタン塗料 1,500円~2,500円 7〜12年
シリコン塗料 2,000円~3,500円 10〜15年
断熱塗料 3,000円~5,000円 15年以上
フッソ塗料 3,000円~5,000円 15年以上

屋根の一般的な塗装価格です。
塗装仕様は、棟トタンの抜け釘の補修、釘頭のコーキング、棟トタンや雪止金物の錆止め、弱溶剤型の下塗り1回、上塗り2回、縁切りです。
屋根の状況により価格は安くなったり、高くなったりします。

■安くなる場合の例

・10年前に塗装済みで、既存塗膜がしっかりと付着している場合は、下地処理に手間がかからず作業性が良くなりますので、塗装単価は安くなります。
・塗装する数量が、80㎡を超える場合は塗装能率が上がりますので、塗装単価は安くなります。

■高くなる場合の例

・未塗装のスレート瓦で15年以上放置されており、瓦の状態が良くない場合は吸い込みが激しいので、下塗りを2回塗装します。この場合は、下塗りの2回目が加算されます。
・屋根の勾配が6寸勾配を超える場合は、屋根足場が必要になりますので、屋根足場代が加算されます。
・さらに7寸勾配になりますと、勾配が非常にきつくなり、作業性が悪くなりますので、塗装単価が高くなります。

下記の相場価格は、大まかな目安として下さい。
足場工事価格+外壁塗装価格+屋根塗装価格+消費税を合算したものが、塗装の見積金額となります。
※ 屋根面積は概ね55平米以上を前提としています。

屋根塗装の相場価格

屋根平米数 シリコン塗料 フッソ塗料 遮熱シリコン塗料 遮熱フッソ塗料 超高耐久フッソ
55㎡ 229,000円 291,000円 250,000円 311,000円 339,000円
60㎡ 243,000円 305,000円 264,000円 325,000円 353,000円
65㎡ 258,000円 320,000円 279,000円 340,000円 353,000円
70㎡ 272,000円 334,000円 293,000円 354,000円 382,000円
75㎡ 287,000円 349,000円 308,000円 369,000円 397,000円
80㎡ 301,000円 363,000円 322,000円 383,000円 411,000円

実際の塗装工事全体の参考価格はこちらから確認できます>